ランドセルのピンクは後悔する?色でいじめはあるの?

ピンクはランドセルの中でも人気のカラー♪

でも、低学年のうちはいいけど「高学年になると後悔する?」と、悩んでいる方も多いのでは。

実際、学年が上がるにつれ、ピンク好きな子は少なくなってくる印象です。

ランドセルは高い買い物ですから、親も子も「他の色にしておけば…」なんて思いたくないですよね。

そこで、今回はピンクのランドセルは後悔するのか、色でいじめはあるのかを徹底調査しました!

ランドセル選びに悩んでいる方は、どうぞ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ランドセルのピンクは高学年になると後悔する?

高学年になってから「別の色にすれば良かったー!」と後悔する子もいます。

実際にうちの娘はピンクなのですが、4年生になってから「水色がいい」と言うようになりました。

みく
みく

仲が良い子が水色のランドセルなんです。友達の影響もあるのでしょうね。

ただ、子どもたちは自分のランドセルの色に馴染んでいますので、心から「嫌」というケースは少ないようです。

「〇〇ちゃんは持ってるのに~」と同じ感覚なのかな…と思いました。

ピンクに限らず、他の色でも起こりうることですよね。

ランドセル【ピンク】の割合は実際どれくらい?

ピンクの割合
2020年21%
2019年21%
2018年24%

2020年は少しピンクの割合が減りましたが、それでも根強い人気が伺えますね!

10人に2人はピンクを選んでいるので、1クラスに約6人の計算となります。

みく
みく

次いで人気なのが、ラベンダー、赤、水色です。

スポンサーリンク

ランドセルの色でいじめはあるの?

ランドセルでいじめなんてとんでもない!と思いますが、地域によっては色に偏りがあり、周りの人と全く違う色を使うことで、からかわれることもあるようです。

しかしピンクが理由で…ということは、ほとんどありません。

低学年の時には人気のカラーなので「かわいい」「うらやましい」と言われることも多いようです。

色々なランドセル

ランドセルをピンクにした口コミ!

Twitterで集めた、ピンクを購入して後悔した人のクチコミを紹介していきます。

・私が色を選んだけど、茶色を欲しがってる。最初から子供が欲しがったものを買ってあげればよかったかも。
・子供の好みで選んだけど、だんだん派手かと思うようになった。もう少し落ち着いたものにすれば良かった。

次に後悔していない人です。

・ピンクにしたらカワイイと本人も喜んでいたし、子供の好きにしてあげて良かった。
・「6年間どうかなー」と思ったけど、本人の好きな色だし、文句も出てないから後悔してない。

「ピンク色だから」というより、本人の希望を尊重したから良かったという声が多くありました。

たしかに子どもが持つものだから、自分で選べば後悔は少ないと思います。

ランドセル「ピンク」に飽きたらどうする?

とはいえ、高学年になるにつれ、中には「ピンクに飽きてきた」という子もいるでしょう。

うちの子のように「友達の色が羨ましい」という場合も。

そういう時は、自分で選んだのならば「あなたが選んだんだよ」「きちんと最後まで使おうね」と伝えましょう。

また、自分の好みで購入していない場合でも、基本的にランドセルは卒業まで買い替えませんから、「飽きても他の色を購入することは出来ない」と説得するしかありません。

それでも「どうしても!」という時には、ランドセルカバーの購入を検討をおすすめします。

今までと違う色や柄にすることが簡単にできますので、親子で検討してみて下さい。

おすすめのピンクカラーのランドセルを紹介

おすすめはAmazon限定ブランドバオバブの願いです。

Amazon.co.jp: 【Amazon限定ブランド】 バオバブの願い 新型 ランドセル 女の子 軽量かつ頑丈 ワンタッチロック A4フラットファイル対応 手縫い japanese schoolbag 6 付き Bab-RnG016 (ピンク) : ファッション
Amazon.co.jp: 【Amazon限定ブランド】 バオバブの願い 新型 ランドセル 女の子 軽量かつ頑丈 ワンタッチロック A4フラットファイル対応 手縫い japanese schoolbag 6 付き Bab-RnG016 (ピンク) : ファッション

ピンクでも落ち着いた色合いなので、高学年になっても後悔することが少ないと思います。

また、ピンク一色ではなくフチ部分が黒なので、更にシックな印象に。

レビューも星5が多く、満足している方が多いようです。

「期待以上」「シンプルだけど可愛い」といった声が目立ちました。

ランドセルのピンクで後悔する?まとめ

ランドセルがピンクだから後悔というのは、ほとんどないことです。

「友達の色が羨ましい」といったことを言うかもしれませんが、それも一過性です。

ランドセル選びに大切なのは、色ではなく本人の意志なんだと改めて思いました。

親も本人が選んだものなら「自分で選んだでしょ」と言えますし、なにより子どもの納得感も違います。

6年間使うものだから、ピンクでもどんな色でも、好きなものを選ばせてあげたいですね!

タイトルとURLをコピーしました