ウインナーはそのまま食べられる?加熱しないと食中毒が心配?

ウインナーを焼くのが面倒な時、「そのまま食べてみようかな」と思ったことありませんか?

私はあります(;’∀’)

でも、ウインナーはお肉を使っているものなので、加熱しないとちょっと心配。

そこで、この記事では「ウインナーを生で食べてみたい」と思っている方に向けて

・そのまま食べられるのか
・お弁当の場合は?
・加熱しない時の注意点

について、分かりやすくお話していきます。

スポンサーリンク

ウインナーはそのまま食べても大丈夫?

ウインナーはそのままでも食べられます。

製造する時にきちんと加熱して作られている加熱食肉製品なので、そのまま食べても食中毒や腹痛の心配はないんです。

ウインナーの山

温めると脂が溶けだしてジューシーになるので、味の面では劣ってしまいますが、冷たい状態でも問題はないといってもいいでしょう。

ただし、生ウインナー(食肉加工品)は、そのままでは食べる事が出来ません。

こういうやつですね↓

Amazon | グルメソムリエ 手作り ソーセージ 国産 プレーン 生ソーセージ 粗挽き 日光HIMITSU豚 (1パック) | グルメソムリエ | ソーセージ・ウインナー 通販
グルメソムリエ 手作り ソーセージ 国産 プレーン 生ソーセージ 粗挽き 日光HIMITSU豚 (1パック)がソーセージ・ウインナーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

製造する時に加熱処理が行われていない、生の状態なので、食べる時は中までしっかりと温める必要があります。

ウインナーには「そのまま食べられるもの」「温めなければいけないもの」の二種類があるんですね!

購入する時の見分け方ですが、袋の後ろの文字を確認します。

『そのままでも召し上がれます』との記載があれば、OKです。

逆に加熱が必要であれば、『必ず加熱してください』と表記されています。

お弁当にはウインナーをそのまま入れても良いの?

お弁当にウインナーを入れる時は、いつも焼いたり茹でたりすると思います。

もしそのままでも大丈夫なら、手間が省けるので、ありがたいですよね。

ウインナーを冷ます時間を短縮できますし!

でも、お弁当に入れるなら、殺菌のため加熱したほうが安心なんです。

また、お弁当は半日程度常温で置いておきますよね。

ウインナーは「要冷蔵」の商品なので、温めていない状態で常温に数時間放置するのは、ちょっと不安。

弁当箱に詰める時も、他の火を通しておかずとの温度差が出来やすく、ウインナーが傷む原因となります。

とくに子どものお弁当で、そのまま入れるのは避けたいところ。

これらを踏まえると、お弁当のウインナーはそのままではなく、一度加熱したほうが健康へのリスクが少ないし、おいしく食べられますね。

スポンサーリンク

ウインナーを加熱しない時の注意点

そのまま食べる時は、賞味期限内に食べることが大前提です。

時間が経つと、品質がどんどん劣化しますし、健康へのリスクも無視できません。

賞味期限内であっても開封して3日以上経過しているものなら、加熱して食べるようにしたほうが良いでしょう。

ウインナーを焼く

フライパンで焼くのが面倒なら、電子レンジで温めることも出来ます。

また、口コミでは「ウインナーをそのまま食べたら胃もたれした」というものがありました。

そのままは消化しにくい…という事が考えられますから、2本くらいで様子を見たほうがいいですね!

ウインナーをそのままおいしく食べる方法

おいしく食べるには、やはり賞味期限が切れないうちに食べてしまいましょう。

時間の経過とともに品質が劣化するためです。

要冷蔵の商品なので、冷蔵庫から出してからも早めに食べきってしまうと良いですね。

※温めないウインナーの食べ方
ポテトサラダ、サンドイッチ、サラダクレープ、ホットドッグ、ご飯のおかず、おつまみ

ウインナーはそのまま食べられる まとめ

今回紹介した情報を総合すると、

  • ウインナーはそのまま食べられる
  • 生ウインナーは必ず加熱
  • お弁当には加熱して入れよう

ウインナーは温めたほうがジューシーですが、時間のない時には冷たいまま食べるのもアリかもしれませんね!

タイトルとURLをコピーしました