生クリームをそのまま飲んだ感想は?体に影響はある?

「生クリームをそのまま飲んでみたい!」という、衝動に駆られたことありませんか。

もちろん泡立てても美味しいのですが、液体で飲むと「濃厚さがもっと味わえるのでは」と考えたことがあります。

とはいえ、生クリームはそのまま飲んでも大丈夫なの?という心配も。

そこで本日は

・生クリームは液体で飲めるのか
・実際に飲んだ人の感想
・体への影響

について詳しく調べましたので、分かりやすくお話していきます。

スポンサーリンク

生クリームはそのまま飲めるの?

生クリームの原料は「生乳・牛乳」です。

生乳や牛乳の乳脂肪分を濃縮したものが、生クリームなので、そのまま飲んでも問題ありません。

泡立てなくても、OKです。

ただ、1パック(200ml)あたりの栄養成分を見ると…

カロリー糖質脂質
生クリーム882kcal5.6g94g

かなりの高カロリー、高脂質なんです。

ご飯1膳のカロリーが235kcalなので、1パック飲むと、白米3杯半のエネルギーを摂取することになってしまいます。

スポンサーリンク

生クリームをそのまま原液で飲んだ人の感想

生クリームをそのまま飲んだ人の感想を集めてみました!

・牛乳よりもかなり濃厚なので、くどい
・まずくはないけど、たくさん飲むのは無理
・思ったよりも濃い味で、気持ちが悪くなった
・濃厚なのものが好きなので、これは好き

人によって好みはありますが、おいしいと思った人もいれば、あまりの濃厚さに、驚いた人もいました。

不味くはないけど、全部は無理だという人もいるようです。

私もケーキ作りの時に、スプーン1杯分の生クリームを飲んだことがありますが、味がくどいんですよね。

「濃厚=おいしい」というわけではないんだな、と思いました。

まずい表情の女性

生クリームを飲み過ぎた時の体への3つの影響


  • 胃がもたれる
  • 腹痛、下痢になる
  • 太る


飲み過ぎると脂質を多く摂ることになり、消化に時間がかかってしまいます。

牛乳でも消化するまで5時間以上なので、脂質が多く含まれる生クリームは、更に時間がかかると予想されます。

また、乳製品に敏感な方は、お腹を壊してしまう可能性も。

一度だけでなく、何回も繰り返し飲むことによって、太ってしまうことも見逃せません。

パック全部を飲むと、1日の摂取カロリーをオーバーしてしまうのは確実です。

肥満は万病のもとですから、生クリームをそのまま飲みたい人は、多くても50mlほど(パックの4分の1)にして、たまにのご褒美にしましょう。

生クリームをそのままで、飲みやすくする方法は?

  • 珈琲、紅茶、ココアに入れる
  • スープに入れる
  • ゼリーにかける

そのままだと濃厚すぎるので、他の飲み物や食べ物と合わせるのがおすすめです。

また個人的においしいと思ったのが、生クリームと砂糖を混ぜて、製氷機で凍らせる方法!

アイスのような簡単スイーツに早変わりです。

生クリームを食べたい時に、ぽんっと口に入れれば満足できます。

生クリームをそのまま飲みたい人へ!おすすめの商品

「味が濃いのも、太るのも分かってる!でも飲みたい」という方におすすめなのが、『生クリーム屋さんのカロリー1/3カットフレッシュ』です。

Bitly

通常のものより低脂肪で、カロリーも1パック564kcalとヘルシーです。

味はあっさりした感じなのですが、生クリームのコクも楽しめます。

口コミでも「味がさっぱりしている」とあったので、一度はコップで生クリームを飲みたい方には最適の商品だと思います。

生クリームをそのまま飲んだ感想、まとめ

生クリームはそのまま飲めるけれど、味が濃厚すぎて、シェイクのように飲むというわけにはいかないようですね。

また、太ってしまったり、胃もたれするリスクも考えなければいけません。

以前はファミマから「シェイク!シェイク!クリーム!」という理想の商品が出てたんですが、今は販売されていないようです。

なので、そのまま飲みたい方はすっきりタイプの生クリームを選ぶか、他の飲み物と合わせて楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました